気になる情報を得るためにはどのようなツールを使っていますか。インターネットや新聞、テレビなど様々な情報ツールがありますが、中でもおすすめなのがブログです。ブログは誰でも開設することができ個人個人が発信活動を行うことができるため、他のどの媒体でも知ることができない情報を得ることができます。

秘書職について情報を得るには?

秘書の仕事に就きたいと考えている方は、秘書の仕事や面接対策など様々な情報をインターネットサイトや参考書を通じて集めていらっしゃるのではないでしょうか。秘書と一言で言ってもその種類は多様で役員秘書や議員秘書、弁護士秘書、学士秘書、医療秘書など、どの分野で活躍するかによってその働き方は大きく変わってきます。

また、日系企業や外資系企業では、働き方のみならず待遇や考え方も全く異なります。このような秘書の一般的な情報は先ほど取り上げたようなインターネットサイトや参考書でも知ることはできますが、企業特有の情報や秘書1人1人の働き方については知ることができません。秘書についてより詳しい情報を知りたいという方は、個人が発信できるブログを見てみてはいかがでしょうか。

ブログから情報を得よう

ブログと聞くと芸能人が書いているものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、会社や個人で情報発信を行なっていることも数多くいます。更新頻度はそれぞれ異なりますが毎日のように更新されていることもあり、生きた情報をリアルタイムで知ることができます。

また、コメントを受け付けているブログもあり、気になることや相談事をコメントとして投稿すればブログ内で回答してもらえることもあります。ブログは普段は接することがない企業の方や現役の秘書の方の生の声を聞くことができるだけでなく、自分が知りたいと思う情報を知ることができる大変便利なツールです。

秘書の働き方がイメージできる公式ブログ

秘書として働く上で業務内容ももちろん気になりますが、働く環境や同僚、上司など一緒に働く仲間についても気になるところです。そんな時は会社の公式ブログをのぞいてみましょう。会社のブログでは業務内容だけではなく、時には社員旅行の様子や社員のプライベートな投稿がなされていることもあります。

会社に入社後どのような業務を行えるのかを知ることができるだけでなく、会社の雰囲気についても知ることができます。求人サイトには出ていないような密な情報知ることもできるので入社後の働き方をイメージしやすく、入社してから抱いていたイメージとは違ったという苦い経験をすることもないでしょう。

会社だけではなく病院や議員事務所などもブログで情報を発信しているところもありますので、役員秘書を目指している方だけでなく議員秘書や医療秘書を目指している方など秘書の種類に関係なく、一度自分の就職候補先のブログを探してみると良いでしょう。一般的にブログは自社の公式サイト内にリンクが貼られてあるので志望先がブログを運営しているのかチェックしてみましょう。

有益な情報が満載の秘書個人ブログ

個人でブログを通して発信を行なっている方も数多くいます。現役秘書のブログでは会社全体としての業務内容ではなく、個々人の働き方を知ることができるので多様なキャリアをイメージすることができます。また、会社の公式ブログではネガティブな情報は発信されることはありませんが、個人ブログでは内情を包み隠さず投稿しているものもあります。

一見華やかに見える秘書の世界ですが、実際に働く上では楽しいことばかりではなく苦労することも多いようです。秘書を目指している方は一度現役秘書の方のブログに目を通し、リアルな秘書の実情を知った上でも秘書として働きたいのか今一度考えてみても良いかもしれません。後に後悔することがないように情報取集はしっかりと行いましょう。職業を選ぶ上で重要となる情報もブログではたくさん発信されています。

秘書への就職成功のヒントを得ることもできる

秘書を目指している方の中には職種未経験から就職を目指している方もいらっしゃるのではないでしょうか。未経験から秘書を目指すための方法については情報が溢れているものの、実際に就職に成功した人の実体験を知ることは容易ではありません。

しかし、ブログでは様々な体験談を知ることも可能です。職種未経験で秘書職の就職に挑み、内定を得るまでの過程について発信している人も数多くいます。身につけておいた方が良い資格や勉強方法、選考をクリアするためのポイントだけでなく、苦労した点や就職が決まるまでどれほどの時間を要したのかなどリアルな就職活動事情を知ることができます。

同じ未経験という立場から成功を掴んだ先輩の体験談を読むことで、自身のやる気やモチベーションにもつながるでしょう。職種未経験から秘書として働きたいと考えている方は、同じ境遇を経験している秘書のブログを参考にしてみてはいかがでしょうか。

現役秘書の方にもブログはおすすめ!

現役で秘書として活動されている方の中にも、秘書としてさらにスキルを上げる方法や同じ秘書として活躍している人の仕事の進め方など秘書に関する情報を知りたいという方はいらっしゃるのではないでしょうか。現役秘書の方にとって有益となる情報が発信されているブログも沢山ありますので一度閲覧してみてはいかがでしょうか。

キャリア形成に役立つコンサルタントブログ

秘書として長年のキャリアを積んだ後、現在は秘書コンサルタントとして活躍している方のブログでは秘書としてさらにスキルをあげるために有益な情報がたくさん発信されています。秘書として活動する上で心がけておくべきことや役立つマナー、身につけておくべきスキルなど多くの経験を積んだベテランの視点で教えてもらことができます。

また、実体験に基づいて昇進するためのポイントなども記されおり、今後も秘書として活躍したいと考えている方には非常に役立つ情報が満載です。ブログ執筆者が秘書講座などを開催していることもあるので、講座に参加すれば直接お話を伺うこともできます。秘書としてさらにステップアップしたいと考えている方は、秘書コンサルタントブログを読んでみてはいかがでしょうか。

悩みを解決できることも

秘書の業務は多岐に渡るため仕事を行なっていれば、行き詰まることや悩むこともあるでしょう。グループ秘書として活動している方は会社内に相談できる秘書仲間がいますが、個人秘書として活動している方は会社内に同じ境遇の立場の人がおらず悩みを抱えたまま過ごしてしまうこともあるかもしれません。

ブログを検索して見れば同じような悩みを抱えた方がいらっしゃるかもしれませんし、解決方法が記されているかもしれません。

息抜きにも最適

現役秘書の方の中にもたくさんブログを通じて発信されている方がいらっしゃいますが投稿内容は人それぞれで、プライベートの一コマを投稿している方や。

おすすめメイクグッズ、上司への愚痴など多岐に渡ります。同じ秘書という職業についている方であれば、共感できることも多くブログを読むのが楽しいと感じられることも多いのではないでしょうか。

秘書ブログの見方

お気に入りのブログを見つけても膨大な記事の中から、お目当の情報を見つけ出すのは一苦労です。興味のある内容の記事だけ読みたい際に役立つのがブログ内検索機能です。検索したいキーワード打ち込めばブログの中からキーワードを含む記事だけが表示されます。簡単に知りたい情報だけが含まれた記事を見つけ出すことができるので大変便利です。

また、記事が仕事、趣味、旅行などジャンル別に分類されていることもあります。その場合は読みたいジャンルをクリックすれば、該当ジャンルに分類された記事だけが表示されます。ブログは気になる記事だけをピックアップして読むこともできますので、必要に応じて便利な機能を活用してみてください。

ブログは誰でも開設することが可能

ブログの開設は非常に簡単に行うことができます。無料ブログサービスを活用すれば、メールアドレスを登録しブログ名やブログ情報を決めるだけで自分のブログが完成します。投稿方法も全く難しくないので、誰でも簡単に記事を書くことができます。

ブログ投稿に興味がある方はブログ開設して自ら情報発信するのも良いでしょう。あなたが秘書の世界に携わっている方のブログに関心を抱いたように、あなたが発信した情報が誰かの役に立つことがあるかもしれません。また、ブログを通して同じ秘書として活躍する仲間や秘書の世界を目指す仲間に出会うことができる可能性もあります。

秘書の世界を知ることができる便利ブログ

インターネットや本に記されている秘書の世界は、あくまで一般的な秘書の世界を表したものです。より深く秘書の世界を知りたいという方は、個人が発信を行えるブログを見てみてはいかがでしょうか。ブログでは他の媒体には載っていない、執筆者ならではの情報がたくさん投稿されています。

秘書の仕事を目指しているという方は、気になる企業のブログをチェックすれば業務内容だけではなく会社の雰囲気まで知ることができ、自分のイメージとミスマッチがないか確認することもできます。未経験から秘書になった体験談を記している人もいますので、就職活動を行う参考になる情報を得ることができるかもしれません。

また、現役秘書の方にも役立つ情報が満載で、業務を行う上で身につけておきたいマナーやキャリアアップの方法など有益な情報が秘書コンサルタントにより発信されているブログもあります。同じ現役秘書が運営するブログを通して、仕事を円滑に進めていくことができるヒントを得られるかもしれません。ブログは自分が知りたいコアな情報を知ることができる大変便利なツールです。上手く活用して、自分にとって有益な情報を集めましょう。